キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

底値の格安航空券を利用するなら早割がおすすめ

格安航空券を利用する際に、どうせなら底値で利用したいと思う事があります。
格安中の格安な運賃で飛行機に乗る事が出来れば、その他の旅行やレジャーに浮いた費用を回す事が出来るからです。

そうするためには、格安航空券の中でもかなり安い底値のチケットを購入する必要がありますが、その場合にはどんな方法で探したら良いのでしょうか。

まずは早割をチェックしよう!

航空券の割引制度にはさまざまな種類があります。
その中でも格安航空券の代名詞的な存在なのがLCC以外の航空会社で取り扱っている早割です。
早割は最大で搭乗日の80日前までに購入する事で割引が適用になる航空券の事で、航空会社によって購入期限や割引率は違いがあります。

平均的なところでは75日の購入期限で最大70パーセントオフと言う割引率です。
10000円の航空券が3000円で購入出来たら・・・と考えるととんでもない割引率です。
しかし、その分人気があるのも事実で、早い者勝ちの世界です。

その早割チケットを賢く購入するには、前持った計画と早目の便の予約がカギになります。
もっと格安航空券を利用するためにも、前もって計画を立てて、最低でも3ケ月程前には搭乗予定日を決めておくとスムーズです。

出来れば早割チケットの販売開始日をチェックしておき、その日に旅行などの日程を合わせるようにする事がおすすめでです。
年に1度の家族旅行などの場合なら、半年前程度からプランを立てる事もあるでしょうから、賢く利用する事がおすすめです。

早割を賢く利用するための秘訣

早割を賢く利用するためには前持った搭乗日の予定と、行先を決める必要があります。
前もって決めておく事で、どの便に搭乗するかも大体はターゲットが決まりますし、それを狙って予約が出来るからです。

関連する記事