キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

株主優待割引と早割の違い

格安航空券を利用する時に忘れてはいけないのが株主優待券です。
株主優待割引には早割やセールには無い魅力がいっぱいで、かなり自由度が高い事でも知られています。
株主優待割引にはどのような魅力があるのでしょうか。

株主優待割引と早割の違い

早割はLCC以外の航空会社にある割引制度で、購入期日がそれぞれに決まっています。
また、予約の変更やキャンセルは出来ませんし、出来たとしても高額なキャンセル料金が掛かります。

株主優待割引はどうかと言うと、変更については融通が利きますし、キャンセルについてもフライトの前であれば、一定の手続きを踏む事で、株主優待券が無効にならないで次回に利用する事が出来ます。

また、予約に関しては、早割の場合は、販売開始と同時に早い者勝ちの世界で予約しなければなりませんが、株主優待割引は、座席があれば当日の予約でも対応が可能です。

つまり、当日予約が出来て、変更やキャンセルも出来て、割引が適用になると言うオールマイティな航空券と言うわけです。

キャンセルをしても株主優待券が無効にならないと言う点においては非常にメリットが大きいですし、急な予定の変更にも対応出来ますから、便利な割引制度だと言えます。

株主優待割引の割引率とは

株主優待割引は、搭乗日や路線によって若干の変動があるとしても、普通運賃の半額近い割引率で購入する事が出来ます。
さらに、普通席だけでは無くて、プレミアムシートなどのランクアップした座席にも使用が可能です。

株主優待割引を賢く利用しよう!

早割よりも自由度が高い株主優待割引は、その航空会社の株主でなければ利用は出来ませんが、一度なってしまえば、優待制度を利用する事が出来、非常に便利に賢く使う事が出来ます。

関連する記事